こだわりを持ちたい家具

理想の家具を手に入れるためには

日常生活を過ごすにあたって、どうしても必要になるものといえば、どんな人であったとしても『家具』というものが絶対に欠かせない。家具といってもいろいろある、ベッド、箪笥、机、テーブル、ソファーなど、挙げていけばキリがないわけだがこれらすべてを室内に配置できるほどスペースがないという場合には、部屋の広さに応じた最低限の家具を取り揃えるのが大体見られるはずだ。家具無しで生活しているという人はおそらくよほど昔ながらの集落に生まれ育ったという、現代では中々稀有な存在でもない限り、日本では見られない特徴と思う。海外ではむしろそうした生活を送っている人がいまだ存在しているところを見ても、日本がそうした国と比べれば最低限の生活が保障されていることを実感できる。

本来家具というものはそこまで必要なものではないだろうと思う、しかし日本の歴史だけを追ってみるとその中で人という個体の生活様式は劇的な変化をもたらしている。その中で必然といわんばかりに、日本の日常生活にも家具という存在は一部の裕福な家庭を始めとして段々と広く使用されるようになった。そして現代になればどの家庭でも最低限家具とカテゴライズすることが出来るものが一つは屋内に存在している。決して安いとは言えない値段のものを購入している人もいれば、中には自分の懐事情に見合った安価だけれど少しばかりお洒落な家具を見つけて使用しているという、そんな人がいてもおかしくない時代だ。

ただ家具という物は普段の生活を支点として活用されていくため、消耗品としての扱いを受けるべきものではない。どんなに少なく見積もっても数年を最低ラインとして、最高で10数年程度まで使用し続けるということを前提にして購入しているはずだ。頻繁に交換をかねた購入もできなくはないが、よほど壊れたといったような事情が介入すればまた話は変わってくるかもしれないが、基本はある一定の期間を目安として利用して行くことになる。新しい物好きや、経済的な意味で余裕が有る人であれば最新の物を買いたいという購買欲に促されることもあるかもしれない、だがそれが果たして本当にいいものを利用しているといえるかは、微妙なところだ。安くて良いものを利用したい、一般庶民からすれば確かに高いものも魅力的だが、最終的には安くて質の良いものを利用したいと考えている人が大半だろう。


オリジナリティを求めたがる

ただ家具は単純に安くていい物を手に入れれば良いというほど、選択として簡単に答えにたどり着く事の出来ないものだ。そもそも答えなるものは存在しないのだが、簡単に言えば自分が納得して使い続けることが出来る、また自分が求める生活とはどのようなスタイルなのかという点でも、人は色々な意味で欲張りを発揮する。家具にしても自分がこだわりぬいたもので無ければ納得することは出来ないという意見も良く見られる。

だからこその安くて良いものを多く取扱っている店舗などが多く進出していることがよく理解できるはずだ、その例として代表的なのが『無印良品』や『IKEA』といった家具量販店が人気となっている。実際のところ、人気となっている家具販売店をランキングで人気順位を測ったグラフがあったので参照してみると、大体上位5位までがこのようになっている。

  • 1位:無印良品 - 36.4%
  • 2位:ニトリ - 35.9%
  • 3位:IKEA - 35.4%
  • 4位:Fracfranc - 31.3%
  • 5位:特になし - 19.4%

上位3位まではもはや布石とばかりに予想に難くないものとなっている。どれも人気として評されている家具店で、人気の度合いについてもほとんど僅差だ。これはその時々によって発売される商品の内容などにもよるところだが、たまたまランキングを採取した際には大きな指標となるだろう。

特に無しという意見について

5位までを紹介したが、この調査では4位のFrancfrancは安いというカテゴリーで考えれば少しばかり異色な存在となっているが、女性人気が高いことで知られているブランドとなっているため、納得できるランキングだろう。

ただ5位と6位になると大きな差が開くことになる、ただ5位にランクインしたのは好きな家具を取扱っているブランドが『特に無い』と答えている人がこのアンケートの中では20%近くも存在しているという数字を見て、どう感じるかだ。勘違いしてはいけないこととしては、特別ある一定のブランドだけを買い集めているという人というわけではなく、無印にしても、IKEAにしても、自分で気にいったものを買い揃えて自分だけの部屋を作り出すことを目的としていると見るべきだろう。

これだけの人が特にないと、6位以下のアンケート数値を10%以上も引き離していることを考えると、誰しもこだわりを持って購入しているわけではないことも理解出来るはずだ。普段の生活に密接して、自分達の暮らしが豊かになればそれだけで満足できるという意見も蔑ろにすることは出来ない。必ずしもブランドが付いている商品が正解というわけではないが、一つにこだわりを持つのではなく、複数のブランドから自分の欲しい物を選んで購入するというのも消費者としては賢い選択として有りだ。


家具購入は悩むもの

ただ家具を購入するとなったら、簡単に決められるものではない。今では家具を購入して古いものから新しいものを利用する際、もう使わなくなった家具でリサイクルショップで売れないなどあった場合には、住んでいる市町村役場にて所定の処分方法を確認の上、指定の代金を払わなければならない。そういうことを考えると、出来るだけ長く利用できて、さらにそこまで高くないものを購入出来れば良いと考えている人は最近特に多いといえるだろう。

安いからという理由だけで購入すると実は落とし穴に嵌っている可能性がある、そんな事態はなるべくなら考えたくないかもしれないが、そういうことは日常茶飯事で起こりうることなので気をつけたいところでもある。家具を購入するといっても、キチンと考えて買わなければならないが、自分が望む理想の室内インテリアを実現させたいという気持ちに苛まれるため、結局苦悩する羽目になる。人間の性というべきものだが、その点は些か納得しなければならないところかもしれない。